夢現について

夢現のウォーミングアップ No.1

さて、皆さんは足指が動きますか? グー、チョキ、パー、いやいや、足指なんてそもそも開かないし、っていう方も多いのではないのでしょうか?

 

私たちの趾は実はとても大切な役目をしています。よく偏平足、でありますとか、外反母趾でって、聞いたことありますよね。

 

でも、人間痛みが伴わなければ、「外反母趾なの、ははは」なんて、痛みがなければ意外に放っている方がいるのですが、運動選手には致命的です。

 

外反母趾とは、外反母趾(がいはんぼし)とは、母趾(おやゆび)がその付け根で外側に曲がっている状態をいいます。母趾の骨と第1中足骨が「く」の字型になっていて、多くの場合、足の幅も中足部で大きく扇状に広がっています。

靴のせいであるとか、歩き方が悪いとかいろいろ言われていますが、足だけの問題ではなさそうです。

 

お母さま方も、今気を付けって、立った時にどこに重心が感じられますか?

 

指に乗っているって方は珍しいと思います。でも、おなかを少しへこめたり、お尻を閉めたらいかがですか? 重心が前に移動しませんか?

 

一つ大きな問題は姿勢にあると思います。草履や下駄をはくと、親指と人差し指で鼻緒といわれる部分を占めながら歩かなければならないので自然と横アーチ、縦アーチに刺激を入れますが、靴を履くと、後ろ重心でも歩けるわけです。

 

要するに、足指をしっかり使っていかなければ、足裏のクッションといわれるアーチができていかないのです。

 

ですから、先日やっていたような、雑巾の引っ張り合い、趾でマーカーを握って放るなどの、足裏トレーニングが必要になってきます。

親指をしっかり曲げて、足首をしっかりのばすことができると実は内ももの筋肉にとても力が入るようになってきます。

 

先日、前十字靭帯を切ったバスケット選手の、練習開始の前のアスリートリハビリ(日常生活できるまでがリハビリです。

 

そこから運動が十分にできるまで、弱った筋肉を運動がけが以前の状態にできるように手助けをすること)を手伝ったのですが、親指に力を入れるトレーニングを加えたところ、膝の安定感が非常に増したというのはいうまでもありません。

 

人間の身体は、本当にうまくできているなあと感心します。

 

夢現のウォームアップの趾トレーニングは、こんなところから始まるわけです。

-夢現について

© 2021 夢現