姿勢と身体の使い方

座り方についての腰痛

コロナウィルスの影響で、自宅で仕事をすることが多くなり、パソコンの前に座るということが多くなってきてはいませんか?

今日は座り姿勢で、腰痛がひどくなるということを少しお知らせしておきましょう。

1976年ドイツの研究者ナッケムソンという方の研究によると、椎間板3番目と4番目の間に針を差し込み(考えただけでも痛そう)どのくらいの圧が腰にかかるかという実験結果が数値化されているのですが、

立った姿勢を100としたら、座って腰を丸めた姿勢は立位の1,85倍の圧が腰にかかっていることが分かったそうなのです。

↓↓↓こんな姿勢で、長時間座っていたら、絶対腰痛くなりますよ。↓↓↓

 

↓↓↓ではどうすればよいかですが、座布団を丸めても尾骨→の下にものを置くと骨盤が立ちます。↓↓↓

骨盤立てると、立位姿勢と同じ負荷になるから腰を丸めた姿勢をとるよりもずっと楽に作業ができます。

立位姿勢で腰が痛い方は、腰を支えている筋肉群のトレーニングが必要となります。

これは次回にご紹介します。

-姿勢と身体の使い方

© 2021 夢現